コンドロイチン配合のグルコサミンサプリメントの口コミランキング

コンドロイチン配合のグルコサミンサプリメント

グルコサミンとよく似た成分があります。 それは、コンドロイチンで、成分や効果も似ているのですが、商品として販売している場合も一緒に配合して販売しているケースもあって、間違う人が多くいます。 そのグルコサミンとコンドロイチンがどう違うのか説明したいと思います。

 

まずグルコサミンは、アミノ酸の一種で、主に甲殻類が原料となり、関節痛を和らげるものとして知られています。 一方のコンドロイチンは、グルコサミノグルカンというムコ多糖類の一種であって、山芋や納豆などのネバネバした食品、サメの軟骨に含まれていることが多いです。

 

そして、効果ですが、同じ関節や軟骨に作用するのは同じなのですが、生成や再生ではなく、分解を阻止する役割を持っているのがコンドロイチンなのです。 この生成と分解の阻止という効果の違う所が一番の違いになっていて、役割も違うようになっています。

 

このように役割が違っていて、再生と防止の観点からこの栄養のサプリメントは、一つに配合されているのだと思います。 もちろんお互いの相性も良く、グルコサミノグルカンであるコンドロイチンの構成成分が、グルコサミンでありますから、それは当然だと言えるでしょう。

 

ですから同じように、歳を取ると体の中で生成する量が減ってきますので、積極的に摂取する必要があります。 このように似た関係でありますから、これを同時に摂取しても体への悪影響も少なく、一緒に摂取することを推奨されているのでしょう。

 

関節が気になる人がいれば、グルコサミンを取るだけではなく、コンドロイチンも同時に取った方が、お互いの役割を考えれば、効率が良いのではないのでしょうか。 この二つの成分の関係、親子のような関係であると覚えておけばいいでしょう。